CMSMix Sapporoに参加してきた

CMSMix Sapporoに参加してきたので、そのレポートです。
CMSMix Sapporo 〜Web制作の幅が広がる!プロジェクトの傾向から考える、2つ目・3つ目のCMS選び〜 | Peatix.

ほぼ1年ぶりのコミュニティ活動への参加でドキドキでしたが、楽しい会でした。複数のCMSの現状を聞けて楽しかったです。WordPressだけじゃない、ってのもあったけど、やっぱWordPressの存在感デカいな、とも感じました。今後、シェアが反転していくのか、楽しみです。

というわけで、適当に書いていた議事録を載せておきます。聞き違いや漏れもあるだろうけど、その辺は優しく見守ってください。看過できない間違いは修正します。

■■■ 次のCMS選び

■a-blog cms
ブロックベース
有償ライセンス

■baserCMS
CakePHPベース
マーケット

■Concrete5
元は1ライセンス1万ドル
多言語設定が分かりやすい
ユーザ会が会社

■durupal
翻訳機能が充実、翻訳サーバがある
専門のセキュリティチームがある → 公的機関に人気
体で覚える

■Jimdo、WIXなど
ASP型

Jimdo
KDDI傘下
Jimdo Cafeが全国に

■Mobable Type
国内サーバにCMSを置かなくてもいい

■WordPress
大量リクエストが苦手
重い → 根本的に設置、設定が悪い可能性もある
予約システムのプラグインが多い
JetPackで工数減


■■■ a-blog cms
PHPは書かないけど、PHPでの拡張も可能
ユニット編集は割といいかも
プラグインがない


■■■ Concrete5
ブロック単位の編集はa-blogと近い
デフォルトのブロック32個
ユーザ領域でコア機能を上書きできる
オープンソース
拡張機能のマーケットもある
インストールは大変らしい


■■■ Drupal
オープンソース GPLv2
機能 = Core + Contributed + カスタム(自作)
データの定義がプログラムっぽい
Viewsの定義がSQLっぽい
オーバーライド可能な関数はコア側で可能なように作ってある
RESTが一本化された


■■■ 24-7 HubSpot
今まではアウトバウンドマーケテイング → 私生活に割り込む形
インバウンドマーケテイング → ブログ等で待受け、ファンを増やす
SaaSらしい
外部CMSの解析ツールとしても活用できるらしい


■■■ Movable Type
静的書き出しが一番の特徴、JSON書き出しも可能
MTMLが学習しやすい、テンプレートのコードが減る
公式ドキュメントは難解なのでMTQなどのユーザコミュニティから入るといい
有償
動的出力も標準機能である
次のMTはデザインがかなり良くなる予定
分業: デザイン、MTタグ作成、MTML、Data APIを利用する人
MovableType.net → サイト作成から14日間は無料、別サイトを何度でも作成可能
MT蝦夷


■■■ WordPress
データ構造がシンプル → 色んなデータが混ざりやすい
機能ごとに分ける → options, taxonomy, posts, users, comments
データの中心はposts、そこにtaxonomy、users、commentsが紐づく
URLからクエリー条件を決定する: リライトルール
ブロック配置などの複雑なコンテンツレイアウトは苦手
4.5(ねんでぶろぐ)

今後のCMS: データ管理 → サイト、アプリ、IoT


■■■ 日本のCMSの今(おまけ)
コーディングしやすい: MT、a-blog
ハックしやすい: baser、WP

その辺のデータで作ってみる: 家のデータとか、歴史のデータとか、店舗データとか
非公開ならデータはなんでも使える
ダミー文を常に持っている ← 著作権切れてる小説とか


■■■ 質問タイム
サイトの複製どうなの? → 基本は全部同じっぽい。DBダンプとファイルコピー、設定変更