北海道の海鮮の旬と祭をまとめてみた

そういえば調べて欲しいと言われていたのに調べていなかった。まとまりきらないけど、思いつくままに並べておきます。「北海道はなんでも美味しいよねー」とか、よく聞きますが、時期を外すと輸入や冷凍だったりするので要注意。

まずはウニ。我が家でも鉄板のお出かけご馳走です。

  • 日高: 3~5月
  • 積丹(バフン): 6~8月
  • 積丹(ムラサキ): 7~8月
  • オホーツク: 5~7月

オホーツクのウニってのは食べたことがない。当たり前だけど、全道の海で獲れるようです。食べている部分は卵巣なので、産卵前が一番美味しい。

産卵期は津軽海峡西部から北部日本海で9~10月、オホーツク海で8~9月、根室海峡から日高地方以東太平洋で6~10月、噴火湾から津軽海峡東部では4~6月と9~10月の2回とされ、海域で大きく異なります。
情報源: エゾバフンウニ[蝦夷馬糞海胆] | 水産林務部水産局水産経営課.

なんか、いつでもどこかで食べられる?10、11月以外はどこかで水揚げしているみたいです。

次はカニ。タラバもズワイも美味しいけど、やっぱり毛ガニ。浜茹でをその場で食べるのは最高です。ただ、こっちこそ、いつでもどこかで水揚げしているので、どこかで食べられます。もう面倒なので引用。

オホーツク産:3〜6月(流氷明けから獲れ始める)噴火湾産:7〜8月道東産:9〜10月えりも産:11〜2月
情報源: 北海道の毛ガニの旬を知ってるかい?【小樽の魚屋の娘通信】.

これだけではちょっとアレなんで、祭をば。

  • 長万部: 6月末
  • 枝幸: 7月頭
  • 広尾: 12月中旬
  • 雄武: 4月下旬

広尾は知らなかった。広尾は十勝です。枝幸(えさし)、雄武(おうむ)はオホーツク海側。同じオホーツクでもちょっとズレている。

カニつながりで花咲蟹の話も。我が家では花咲蟹を食べたことがないけれど、いつかは食べてみたい。

  • 釧路: 3~7月
  • 根室: 7~9月

花咲蟹はあの辺しか獲れないので簡単だ。でも、近いのに旬はズレている。繊細なんだね。単なる協定かもしれないけど。7月に行けばどちらも旬ってことかな?でも根室は9月頭に祭だそうです。

ウニ、カニ、とくれば、次は牡蠣。とは言え、牡蠣も最近は養殖が広まり、どこでも年中手に入る。北海道で有名なのは厚岸。最近頑張っているのは知内。他にもたくさん。なので祭を。

  • 厚岸: 5月中旬
  • 厚岸: 10月頭
  • 湧別: 11月下旬
  • 厚岸: 2月上旬
  • 知内: 2月下旬

厚岸多すぎ。湧別ってノーマークだったけど、サロマ湖らしい。知内はニラとの対決。ニラも美味いので要注意。祭はしていないけれど、厚岸の隣の仙鳳趾は大きくて美味しい。我が家の年1お取り寄せ。

牡蠣に限らず、貝は割と養殖でいつでも手に入るけれど、全体的に旬は春らしいので、美味しい貝を食べたかったら春がいいかもしれないです。牡蠣、ホタテはメジャーですが、ツブもオススメ。日高の先っちょ、えりも町の瓢六にはつぶせいろなるものがある。
つぶせいろ えりも町郷土料理の店「瓢六」.
嫁にウニを食わせるついでに食べようと思ったら、ウニで忙しいからかやってなかった。何でもない時にリベンジしたい。

あと、忘れちゃいけない甘エビ。だけど、甘エビもいつでも獲れるようです。でも、美味しい時期は春から夏っぽい。祭は春。というわけで、祭。

  • 増毛: 5月末
  • 羽幌: 6月末

甘エビなんて回転寿司で100円皿なので甘く見ているかもしれないけれど、現地で食べたら全く別物です。透明な甘エビはぷりぷりで甘くてトロけるのです。羽幌は遠いけど増毛は行きやすい。羽幌、今月末なんだよな。どうするかなー。

最後に忘れちゃいけないシャコ。小樽が有名。

  • メス: 5月
  • オス: 11月

オスとメスで旬が違うんだね。メスの卵はまた美味しいんだとか。食べたことないな。11月はシャコ祭もあるので、そっちがオススメかも。ただ、他に何もないのでシャコ命の人だけかな。でも、浜茹でのシャコをその場で食うのは格別です。カニとはまた違う旨さを味わえます。

北海道には他にも美味しいものがあるんだけど、とりあえず今日はここまで。海のものが食べたいなら春か秋ってことかな。夏は農産物だね。冬は雪山。