DTIのWiMAXでグローバルIPオプションを有効にしてみた

DTIのWiMAXでグローバルIPオプションを有効にしてみました。

ご注意:本マニュアルに基づき設定を行いグローバルIPオプションを有効にした場合、96円(税抜)の 月額料金が発生しますのでご注意ください。
情報源: DTI WiMAX 2+|モバイルサービス:ユビキタスプロバイダ DTI.

安い。グローバルIPって枯渇している割に安い。

背景ですが、最近、引越をして、ついでにネットをフレッツ光からWiMAXにしていました。新しい家は見晴らしもいいのでWiMAXを使うにはもってこい、速度も満足です。

そして安い。フレッツ光だとプロバイダを最安級のGMOにしても5,000円を超えていましたが、WiMAXなら正規料金でも4,500円いかず、契約先によっては数万円のキャッシュバックがあったりします。最安はやっぱりGMOらしいけど、新規客のみ大幅キャッシュバックのため自分は対象外、仕方なくDTIにしましたが、それでもけっこう安くなってます。ありがたや。

速度も値段も問題なしのWiMAXですが、ひとつだけ不満なのが、割り当てられるIPアドレスがプライベートという点。いや、厳密にいうと割り当てられるのはプライベートでいいんだけど、出て行く時のIPが他の契約者と共有で、ころころ変わることが不満です。ブラウジングやSNSだけなら気にならないだろうけど、ネットバンキングでは毎回合言葉を聞かれるし、ブログの管理画面も迂闊にIP制限かけられない。

というわけで、最初にリンクを貼った、グローバルIPオプションを有効にしてみました。設定方法はリンク先の通り。サービス提供者であるUQさんのページを見てもユーザ名とパスワードが同じだったので、どこで契約しても同じなんでしょうね。
グローバルIPアドレスオプション(WiMAX 2+用)|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ.

そして割り当たったIPを確認してみると、こんな感じ。

$ who
masatoshi pts/0        2017-11-14 22:00 (w0109-49-135-***-***.uqwimax.jp)
$ dig +noall +answer w0109-49-135-***-***.uqwimax.jp
w0109-49-135-***-***.uqwimax.jp. 26781 IN	A	49.135.***.***

大した機微情報でもないのですが、下桁は伏せておきました。

変更前はホスト名が ***.au-net.ne.jp とかで、IPアドレスは 111.239.***.*** みたいなやつだったので、全く違うところから出て行っているようですね。UQはKDDI傘下らしいので、デフォルトのプライベートIP時のネットワークはauが提供しているんでしょうか。だから何だってこともないですが。

ちなみにグローバルIPオプションを有効にしても、割り当たるIPアドレスは固定ではないので、WiMAX機の再起動などでつなぎ直すとIPアドレスは変更されかもしれません。一瞬電源落としたぐらいじゃ変わりませんでしたけど。フレッツで終端機器を再起動したら毎回IPアドレス変わってたような気がするけど、最近はどうなんだろう。プロバイダによるかな。

というわけで、速さと安さのWiMAXですが、グローバルIPオプションの利用で固定回線の代替として必要な安心も手に入るわけです。今後は一般家庭なら間違いなくWiMAXがオススメですね。