マイクロのSIMカードをハサミでナノにした

前から使っているfreetelのpriori3 LTEが壊れまして、仕方がなくスマホの本体を楽天スーパーセール中のビックカメラでAQUOS mini SH-M03をポチりました。しかしpriori3はマイクロSIMで、SH-M03はナノSIM。freetelでSIMをサイズ変更するか、どこかに乗り換えるか、悩んだ末にSIMをハサミで切ることにしました。

SIMをハサミで切るってのは節約家の間では一般的なことのようで、目新しい話でもないのですが、イマイチ一歩を踏み出せない人のために自分も記録を公開しておきます。

とりあえず、どこを切ればいいのか、印刷用のPDFを作ってくれている人もいます。
Nano-SIM cutting guide.
しかし、この絵を見る限り、ナノSIMは電極いっぱいぐらいのサイズです。そう、ナノSIMにするなら型紙とかいらないのです。電極ギリギリぐらいにすればいいのです。

というわけで、今のマイクロSIMにSH-M03のSIMカートリッジを乗せてみました。

うん、やっぱり電極いっぱいぐらい。

奥行きは電極よりもちょっと長いかな?そこは細かい調整が必要になるかも。

で、SIMを切るのはこれ。

普通のハサミです。最近流行りの切りやすいタイプでもない、普通のです。

とりあえず幅を切りそろえてみました。

次は長さ。

そして角。ドットのない方の角を切り落とすってことですね。

これで完成。

簡単でした。

これは残骸。

切り心地は、厚めの厚紙を切っているような感じですかね。たいして力もいらないので女性でも簡単です。最近流行りの力のいらないハサミなら、子供でも大丈夫かも。

でも、失敗したらSIMは使えなくなるので、どうでもいいSIMでやりましょうね。自分は乗り換え覚悟でMNP予約番号を取って、次の日にMVNO乗り換え先の店舗へ行く予定を立てておいてからやりました。結果、行く必要はなくなりましたけど。